地域ビジネス成功事例のご紹介

坂佐井

NPO法人協同労働協会OICHI(オイチ)の理事長をしております、坂佐井と申します。

このページでは具体的な地域ビジネスの成功事例をご紹介します。
一般公開していない、起業支援センター まちなかbizあおば だけが知っている具体的な名称入りの事例です。

地域ビジネスで成功するために大切とお伝えしている以下3点を軸に、
起業家に実際にインタビューで聞いた内容を元に解説します。

起業成功に大切な3つのポイント

【1】選ばれる理由を作ること
【2】集客/販売ツール・IT活用
【3】仲間・人脈

起業成功に大切なポイント【1】選ばれる理由を作ること

起業成功に大切な3つのポイントを解説するページでは、以下のようにお伝えしました。

お客様に選ばれるには?
⇒ ターゲットを絞ることで、競合と圧倒的な差別化をする
⇒ あなただけの起業ストーリー:ビジョンや志が重要

ここではその具体例を紹介します。

事例:こごえ学習教室 小越様(数学塾)

まちなかbizあおばの貸し教室で塾を運営されている小越様は、
私立の小中学生を対象に、数学を個別指導されています。

さらっと書きましたが、
対象は「私立」の「小中学生」、内容は「数学」、教え方は「個別指導」
とかなり絞られていますよね。

まちbizチャンネルという起業家インタビュー企画で詳細をお話いただいていますので、詳細はぜひご覧ください。

元々は複数教科を教える学習塾から、
ある困っている私立の生徒に数学を教えたことがきっかけで、今の形になっていったとのこと。

「私立」「小中学生」「数学」「個別指導」、全部に意味があるのです。
今では常に満員の人気塾も、そんな起業ストーリーが起源だったりするのです。

事例:起業支援センター まちなかbizあおば

私事で恐縮ですが、私自身もバーチャルオフィスや起業支援事業を始めた理由があります。

自宅住所 公開の危険を体験

まちなかbizあおばを立ち上げるまで、NPO運営では自宅住所を名刺に記載していました。
そんな中、クレーマーのお客様にメールで脅迫を受けたことがあるのです。

そのメールは日を追うごとに激しくなり、内容も常軌を逸した内容でした。
いつ家族のいる自宅に押しかけられるか気のおけない日々が続きました。

幸い、脅迫や嫌がらせはメールのみで留まり、自宅に来ることはありませんでしたが、
自宅住所でビジネスをすることの危険を身を持って体験したのです。

自宅の住所を使わないとなると「事務所を借りる」を考える人が多いですが、
事業当初から大きな固定費をかけるのもリスクです。
それで起業の一歩を踏み出せないのも、もったいない。

そんな思いで起業家の方が第一歩を踏み出しやすく、
格安でみんなで住所を共有する事が出来る場所がないか探し、
地元近くのたまプラーザの一室と出会い
起業支援センター まちなかbizあおば を立ち上げることができたのです。

決して「儲かるから」ではありません(笑)

赤字スタートで3年間ボランティアを継続できた理由は「志」

バーチャルオフィス/レンタルオフィス事業は基本的に赤字スタートです。
初月から家賃+運営コストを上回る売上になることはまずありえません。
しかも、たまプラーザは住宅街。ビジネス需要がある都心でもない。
赤字が続けば撤退することになるでしょう。
やめたほうが良いと何人にも言われました。

それでも、地元でビジネスでつながれる拠点を作りたい。
そんな思いで身銭を切って起業支援センターなる店舗を商店街に開設し、
3年間、協力者に人件費を支払う一方、私自身はボランティア状態で運営してきました。

会員数400超とはすごいですねと言われることもありますが、その苦しい時期を乗り越えたから今があるのです。

「場所」サービスで勝負しない

他社は場所の利用者=きれいなレンタルスペースを訴求しているところが多いです。
場所を使うお客様の方が、会費単価が高くなるのでビジネスとしては正しいかもしれません。

しかし、まちなかbizあおば は他社より狭く、リフォーム予算も持ち出しなので限界があります。
教室に使えるのも1室なので、曜日が合わずに場所の利用を諦められたお客様も多いです。

自宅住所の公開リスクを避けて事業開始できることが大事だと考えて、
ネット集客に力を入れる際は、ターゲットを住所利用者に絞りました。

その代わり、会員同士でつながれるコミュニティ要素を強く訴求し、
私が起業当初に欲しかった内容や、お客様の要望を事業支援サービスに反映しました。

サービス改善を重ねて、大手企業が運営するおしゃれなレンタルオフィスや、
イベントやオンラインだけの交流団体とも違う、
横浜市青葉区の唯一無二の起業支援コミュニティに発展しました。

・・・話が長くなってしまってすみません。
自分のことだと、ついたくさんお伝えしたくなってしまいます。

「選ばれる理由」作り事例のまとめ

個人事業では他と比べて選ばれる理由が必要で、
打算的に狙う差別化より、あなただけの起業ストーリー、
つまりビジョンや志(こころざし)が成功要因になりえるということです。

きれいごとや根性論だけの話ではありません。

ターゲットとなるお客様のことを深く理解して、
お客様のためを思って事業の困難を乗り越えて、
改善を継続できることが競合他社との圧倒的な差別化につながります。

そして地域ビジネスだからこそ、お客様は最終的には「人」で選びます。

想いを持って事業をしている人だから選ばれるのです。

 

起業成功に大切なポイント【2】集客/販売ツール・IT活用

2つ目のポイントはツールやテクノロジーの活用です。

事例:いきいきフィットネスライフ 森口 様(イス体操 インストラクター)

名刺・チラシ・ホームページで活動が広がった

上記のインタビュー動画で森口様は、ホームページ・チラシ・名刺などの制作をまちbizの専門家に依頼して、それら販促ツールによって活動が広がっていったとお話してくださいました。

補助金を有効活用

販促ツールを専門家に制作依頼するとなるとそれなりの費用になりますが、実は補助金でカバーされています。
まちなかbizあおばで開催した補助金セミナーを受講されて、個別サポートにも申込み、独学ではなく専門家の力を借りて採択されたのです。

補助金といっても、対象費用の何割かが補助されるだけですので、何にいくら使うかは重要です。
まちなかbizあおばに制作物の采配をお任せいただいた結果、高額になりやすいホームページの費用は抑えて、ネット広告やイベント用のチラシなど広報・宣伝に配分することができました。
販促ツールも作っただけでは誰にも見てもらえませんから、その後のことまで考える必要があります。

ホームページ更新とSNS発信を継続

また、森口様はホームページを作って終わりではなく、活動内容をこまめに記事として追加し、各種SNSで発信もされています。
おそらく、当初制作時の内容だけでは、ここまでお仕事につながることはなかったのではと思います。

販促ツールもただ作ればよいのではなく、活かす努力や工夫が必要だとわかる事例です。

事例:こごえ学習教室(数学塾) 小越様

小越様はターゲットを絞っただけで成功されたわけでなく、ITもうまく活用されています。

新型コロナウィルス流行の2年前からZOOMを活用

上記のインタビュー動画では、新型ウィルスが広がる2年前からZOOMを活用されていて、
緊急事態宣言下で他塾の休校が相次ぐ中、休むことなく塾を続けることができたこと。
さらには遠方の生徒も指導できるようになり、緊急事態の最中、むしろ売上が増えたとお話しくださいました。

元々はパソコンやITに苦手意識があった方なのですが、
まちなかbizあおばが開催するIT活用の実践会に毎回参加することで時代を先取りできたのです。

ホームページ・SNSも活用

また、ご本人が苦手なネット関係も、まちなかbizあおばによる特設紹介ページ制作&広告配信サービスや地元メディアへの掲載などを活用されてます。
ご自身のホームページやSNSも得意な方の協力を得て効果的に運用されています。

いくらターゲット設定や指導が良くても、それだけで接点の無いお客様を集めることはできません。
未来のお客様に見つけてもらうには、WEB上で存在を知ってもらう必要があるのです。

事例:まちなかbizあおば

私どもの事例もご紹介します。

会員集客のメインはホームページ

まず会員数500超となった会員集客のメインはホームページです。
ありがたいことに紹介も増えてきましたが、それでも6~7割はネット集客になります。

実は開業して1年間は交流会やイベントでのアナログ集客がメインでした。
知り合いや地域の関係者に声をかけて交流会を開催し、
熱心に営業して30名までは増えましたが限界を感じました。

そこで2年目はネット集客ができるメンバーに協力してもらうことにしました。
ネットから集客できると営業負担が減るので運営の改善にも力を入れられます。
サービス改善が新規集客につながり、会員数が増えれば提供できるサービスも増えるという好循環が生まれ会員増が加速しました。
その結果、目標としていた会員数300社を5年で達成することができたのです。

集客以外でもITツールを活用

毎月の会費を500社以上に対して人手で請求・入金確認しようと思ったらそれだけで大変です。
自動で請求・徴収する決済システムを活用して、決済エラーだけ対応すればよいようにしています。

セミナー開催は会場だけでなく、ZOOMでも参加できるようにしています。
ZOOM参加なら移動不要なので遠い方はもちろん、緊急事態宣言下でも参加が可能になりました。
ボタン1つでLIVE配信や録画もできるので、見逃し配信も実現できています。
100以上ある過去セミナーの収録動画を活用した起業の学びサービスも作りました。
セミナーを開催するレンタルオフィスは他にもあると思いますが、差別化できている自負があります。

集客/販売ツール・IT活用 事例のまとめ

個人事業だからこそ、動ける範囲に限界があるので、効果的な集客・販売ツールが必要です。
また、集客や販売以外にも時短や効率化・差別化につながるITツールを活用しているという事例でした。

 

起業成功に大切なポイント【3】仲間・人脈

事業には仲間や人脈が大事という話は聞いたことはあると思います。

でも、人脈がどう結果につながるのか、具体的な話はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。

ここでは3パターンご紹介します。

■紹介につながる・直接お客様になる事例

事例:メディアクレスト 松本 様(販促の専門家)

松本様はチラシやパンフレットなど販促ツールの制作事業をされています。

まちなかbizあおば は起業家の集まりなので、必要とされやすい事業ですが、
だからといって交流会で売り込みされているわけではありません。

まちbizバーという毎月の交流会には毎回ご参加いただいていて、
販促のアドバイスを求めれば出し惜しみなく話してくださいますし、
仕事になるかわからない案件でも相談にのってくださいます。

実際にお仕事を依頼した方からも好評なので、紹介にもつながっています。
制作の打合せが5時間に及んだことがあるという話も聞きました。
そこまで親身になってくれるのはすごいことですよね。

そんな相談しやすい人柄なので、
販促のことで何かあれば松本さんに頼もう、
知り合いで販促に悩む人がいたら松本さんを紹介しようという状況を作れているのです。

事例:サクセスオート湘南 丹野 様(自動車販売・買取)

丹野様は自動車の販売などの事業をされています。
インタビューでは、展示場の設営コストやそこで販売する人件費も0で、
まちなかbizあおばというコミュニティのつながりだけで自動車が売れているとお話いただきました。

丹野様もただ他社と同じように自動車を販売しているわけではありません。
同じ車種を買う場合でも、丹野様から買うべき理由があるから売れているのです。

松本様も丹野様も、選ばれる理由があるので、
仲間作りや人脈を築くことが紹介や直接の売上につながるという事例でした。

■お客様のお困りごとの解消に

事例:第一生命保険 勝又 様

勝又様は人脈を活用して保険を販売しているわけではありません。
インタビューでは、まちなかbizあおばには色々な分野の専門家がいるので、お客様のお困りごとに応えることができているとお話してくださいました。

生命保険のこと以外でもお客様のお役に立ちたい、自分の利益にならなくてもお困りごとを解消してあげたい。
そんな勝又様はきっとお客様の信頼も厚いことでしょう。
まわりまわって本業にもつながっていることと思います。

■事業の発展に

事例:エリアプロジェクト 小杉様

小杉様は起業当初考えていた事業だけではなかなか広がらなかったところ、
人のつながりで他の事業に広がり、事業を拡大していくことができたとお話してくださいました。

今では複数事業を展開し、個人事業の規模ではなく経営者として活躍されています。
このように仲間や人脈がきっかけで、事業が拡大する事例もあります。

小杉さんは若い方はもちろん年配の方にも応援されています。
想いをもって活動しているから応援したい・力になりたい となり、このような結果に結びついているのだと思います。

仲間・人脈 作りのまとめ

ただ交流会に参加して名刺交換をすればよいわけではなく、
事業につながるには 最終的には「人」が大事という事例でした。

起業するなら起業している人とつながろう

坂佐井

会員さん・まちなかbizあおばの事例はいかがでしたでしょうか。
あなたの事業の参考にしていただけると幸いです。

最後に私の持論は「起業するなら起業している人とつながろう」です。
「起業で成功したいなら、成功している人とつながろう」とも言えます。

成功の基準は売上額や内容ややり方など人それぞれです。
あなたの目指す成功を実現している人とつながりましょう。

まちなかbizあおばは支店を含めると会員数は500以上、
地域でビジネスしたいとお考えであれば、きっとあなたに合った仲間が見つかると思います。

ぜひ まちなかbizあおば への参加もご検討ください。

面談(初回相談)は無料です

まちなかbizあおばの入会には面談を必須としています。
すぐに入会手続きに入るのではなく、一人ひとり、事業内容や状況をお伺いしています。

もし、まちなかbizあおば に興味がある、地域で起業したいけど悩んでいる、という方は
ぜひ一度、私 坂佐井との面談をお申し込みください。

そこであなたの事業についてご相談いただければアドバイスできますし、
まちなかbizあおばで問題解消できることがあればご提案いたします。

面談場所となるオフィスは、田園都市線たまプラーザ駅徒歩5分ほどのところにあります。

面談したからと言って必ず入会しなければいけないわけではありませんし、そのような誘導も行ないません。

ぜひ、お気軽に私に会いに来てお話しください。
ご連絡をお待ちしております。

※面談前にサービス詳細を知りたい方は、まちなかbizあおば詳細ページをご覧ください。