主婦の引きこもり対策 ~もやもやスッキリ プロジェクト~

青葉区の、自殺者における主婦の占める率が高い現状を地域課題ととらえました。

青葉区は、転入(13,408人)転出(14,868人)世帯が多く、
地域に知り合いがいない、相談するところを知らないなどの環境がうかがわれます。
また、昼間人口差も多く、夫は多忙で、自分ひとりで悩みを抱えてしまい、
そのまま抑うつ状態になってしまう、そんな背景が想像されます。

ひとりで引きこもらずに、誰かとつながるための対策として、
起業や就職、地域コミュティーへのつなぎ、カウンセリング、子育て支援と、
民間団体ならではのきめ細かいニーズに合わせた寄り添いが実現できるとの結論となりました。


主婦が自殺するまでの期間が約8.3年との統計データがあります(自殺実態白書2013ライフリンク)。
その人に合わせた出口を見つけることが、地域レベルの実践的な自殺防止となると考え、
そして、生きがいの創出の機会となりうることが期待されます。

座談会や勉強会のイベント開催・ライブ配信を通して、
引きこもる前に接点を作ることで上記対策を実現するプロジェクトです。


参加メンバー
ひろたりあん通信に掲載!

もやもやスッキリプロジェクト活動について共感いただき、定期的に掲載していただいております。
 
※クリックで拡大表示できます。